最大
96万円

両立支援等助成金(育児休業等支援コース)

両立支援等助成金(育児休業等支援コース)

オススメ企業様

  • オススメ女性が働きやすい職場環境をつくりたい。
  • オススメ離職率が高い。

1.育休取得時・職場復帰時

Point
女性社員の育児休業取得率は81.5%です。(厚生労働省「雇用均等基本調査(確報)」(2015年度)出典)
「育児休業復帰プラン」を作成し、プランに沿って社員に育児休業を取得、職場復帰させた場合に支給されます。

育休取得時に以下の4つの取組みが必要

  1. 1. 対象者の休業までの業務の引き継ぎのスケジュールや復帰について、上司等と面談した結果を記録する
  2. 2. 育休復帰支援プランを作成する
  3. 3. 育休復帰支援プランに基づき、対象者の育児休業開始日までに業務の引き継ぎ等を実施する
  4. 4. 対象者が連続3か月以上の育児休業を取得する

職場復帰時に以下の3つの取組みが必要

職場復帰時に以下の3つの取組みが必要
  1. 1. 対象者の育児休業中に育休復帰プランに基づき、職場の情報・資料の提供を実施する
  2. 2. 対象者の職場復帰前と職場復帰後に、上司等と面談した結果を記録する
  3. 3. 対象者を原則として原職に復帰させ、さらに6か月間継続雇用する

助成額〈 〉内は生産性要件を満たした場合の額

育休取得時 28.5万円〈36万円〉
職場復帰時 28.5万円〈36万円〉
育休取得者の職場支援の取組をした場合 19万円〈24万円〉
※「職場復帰時」に加算して支給されますが、代替要員確保時の支給とは供給できません

※1企業2人まで支給(無期雇用者1人、有期契約社員1人)
※職場支援の取組とは、育休取得者の業務代替者への手当制度を規定する等

2.代替要員確保時

Point
育児休業取得者の代替要員を確保し、
休業取得者を原職等に復帰させた会社に支給されます。

助成額〈 〉内は生産性要件を満たした場合の額

支給対象労働者1人当たり 47.5万円〈60万円〉
※支給対象労働者が有期契約社員の場合 9.5万円〈12万円〉加算

※1年度当たり10人まで支給

問い合わせフォームはこちら